読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PINKISH PUNKISH!

ライター七尾がお仕事・子育て・恋愛などについて、思いのままに綴っているだけのブログです。

「お昼時に申し訳ありません!」と思うなら、お昼に営業しに来ないでほしい件


f:id:nao_2205:20170115102700j:image

 

こんにちは!七尾なおです。

 

事務員時代、「お昼時に申し訳ありません!」が本当に嫌いでした。

 

12~13時がお昼という認識

もともとわたしにとって「お昼時」という概念は馴染みのないものでした。


・お昼休憩はシフトを回して、順次入っていく

・12時から勤務がスタートして、昼休憩は16時から


みたいな働き方が長かったのでね。

 

業務の都合で休憩に入るのが遅れたり、途中で急な仕事が入ったりすれば、その分後ろに伸ばしてOK!というルールも当然でした。

 

しかし事務として働いていた会社に入ると、お昼はキッチリ12~13時。その間に突発的な業務が発生しても、その分休憩を伸ばすことはできなかったですね。

 

つまり、お昼時に突然やってくる営業がいかに迷惑か!ということなんですよ。

 

休憩中は早く切り上げたい

当たり前ですけど、できれば休憩はフルに取りたいです。とすると、やっぱり早く切上げてしまいたいと思うのが心情じゃない?

 

話を聞く気なんてほとんどないですよ。早くあきらめてもらって、残りの休憩時間を確保しなきゃ!としか考えてません、こちとら。

 

そう考えると、お昼時の営業ってすごく効率悪くないですか?

 

一期一会を大事にする

わたしは営業の仕事やったことないんですけど、受ける側ならたくさん経験しました。

 

で、大事だな~って思ったのが第一印象。直感で「なんかヤダな」と思った人とは、それ以上お近づきになりたくないものです。

 

同じクラスとか、職場とかなら、挽回の余地もありますが、飛び込み営業って一期一会みたいなところがありますよね?

そこでコケたらもう次はない!というか。数打ちゃ当たる戦法で、あまり深く考えてないのかもしれないけどw

 

ともあれ営業で結果を出すには、相手の立場になって考えてみる、第一印象で与えるイメージを大切にする、そういうところが大事なんだろうな~って思います。

 

営業だけじゃないかな?何にでも言えることかも。

 

お昼時の営業はご遠慮ください

対応する人がたくさんいるような、大きな会社なら問題ないのかもしれないんですけどね。

 

わたしがいたのは事務員が一人で来客・電話対応していた零細だったので、お昼時の営業はホント困ってました。

 

だって、わたしの休憩がどんどん削られるからね!

 

ご検討のほど、よろしくお願いいたします。